手術中

ダウンタイム

輝く女性

口コミで美容外科の手術ですが、身体に少なからずダメージが加わります。皮膚を切開する整形手術を行なった場合は、患部が腫れたり、痛みを感じたりすることがあります。患部が落ち着くまでの期間をダウンタイムと呼びます。ダウンタイムの期間は、患部の腫れによって周囲に整形を受けたことがバレてしまうことがあります。整形手術を受けたことを周囲に悟られたくないという場合は、ダウンタイムの期間は知り合いに合わないようにするとよいでしょう。会社の長期休暇を取れるのであれば、会社を休んで整形を行いましょう。

しかし、誰でも長期の休みを取れるわけではありません。ダウンタイムが比較的短い手術方法を選んだり、ダウンタイムが無い手術を受けるとよいでしょう。口コミで人気の埋没法であればダウンタイムは必要ありません。目頭切開、目尻切開、全切開法などを行なった場合は、どうしても目の腫れが生じてしまいます。両目同時に手術を行うと、周囲の人にバレてしまうので、片目づつ手術を行うという方法もあります。先に右目の手術を行い、右目のダウンタイム感はガーゼで隠し、左目で見るという方法です。右目が落ち着いたら左目の手術を行います。そうすることで仕事を休まず、周囲にもバレずに整形を行うことが出来ます。美容外科クリニックの医師と相談しながら、ダウンタイムとライフスタイルに合った手術方法を選びましょう。相談しやすい医師がいる美容外科クリニックを口コミで探しましょう。コミュニケーションを上手に取ることが出来る医師は口コミでも話題になりやすいので見つけやすいでしょう。

Copyright(c) 2015 整形するなら口コミ情報の良い美容外科を探そう. All Rights Reserved.