手術中

症状が落ち着くまで…

シミュレート

ダウンタイムの間は激しい運動を控えるようにしましょう。激しい運動を行なうことによって、手術跡が開いてしまう可能性があるからです。皮膚と皮膚が癒着するまでは安静にしておく必要があります。万が一手術跡が開いてしまうと、再び縫合を行わなければならなくなり、ダウンタイムが長引いてしまいます。口コミで人気の整形手術によっては、当日から入浴や洗顔を行なうことが出来るものもあります。医師と相談して、整形手術後どのように過ごせばよいかを確認しておきましょう。

整形手術後の晴れや、痛みが気になるという方も多くいます。そのような場合は、アイスパックで冷やすという方法が口コミで広まっています。手術を行なってから3日前後は患部の炎症を抑える為に冷やすのが良いでしょう。冷やすことによって、体液と血漿の流出を抑制して腫れを抑えることが出来ます。朝起きた後に腫れがひどくなっている事が多いので、少し早起きして冷やす時間を設けるとよいでしょう。

ある程度患部が落ち着いてからは、温めるホットパックを行いましょう。血液とリンパの循環を促進させることが出来ます。それによって、治癒力を高めることが出来ます。腫れの原因となっている血漿と退役を体外へ排出する効果も期待出来ます。アイスパックとホットパックを交互に行う方法が口コミで人気です。枕の位置を心臓より高くすることで、血液がたまりにくく腫れが少なくなります。整形手術を行なう際はこのようなダウンタイムの情報も口コミサイトなどで仕入れるようにしましょう。

Copyright(c) 2015 整形するなら口コミ情報の良い美容外科を探そう. All Rights Reserved.